game-okashi

ゲームマーケットで購入したもの

by まさ, 2014年12月5日

初めてゲームマーケットへ行ってきました。
まだゲームは遊べてないけど、購入したゲームを紹介します。


game-katsu

『カツカレー喰ってる場合か!?』

プレイヤーは政治家として、商品に「庶民的な」適正価格をつけていきます。
一番高値を付けた人が商品をもらえる、でもその価格が2番目に高い価格の倍以上だったら「庶民感覚からずれてる」ということで2番目の人に権利が移る。
「庶民感覚に優れている」という名誉点を多く集めたプレイヤーが勝ち。

● ● ●

これは本当に人によって価値観が違うから、初回はみんながどんな価格にするか予測がつかない。
「お~、この人はこんな高いバッグ買ってるんだ~」とか、知らない部分が見えるかも?
そういう意味でも楽しみなゲーム。


game-hitsuji

『ひつじとどろぼう』

道を街へ繋げ。
長い川もあるといいよね。
どろぼうに盗まれないよう牧羊犬に羊を追わせることも忘れずに。
でも、よその羊も欲しいな~。

● ● ●

モコモコの羊がかわいい。
ドラフトのゲームは初めてやるのでカード選択時に迷いそうだけど、そのジレンマが楽しいゲーム ですよね、きっと。
4人プレイだとどろぼうが大活躍しそうだから、道を作るより泥棒家業をがんばってみようかな。


game-okashi

『オカシノビ』

きのこ派とたけのこ派の忍者が、限定ジャンケンで戦う正体隠匿ゲーム。
忍者ゆえに隠密に行動しなくてはいけない、信じられるものは己のみ、対峙した相手は敵か味方か、その言葉は嘘か真か、話術ではなく思考力で戦うのだ。

● ● ●

「ところであなたは、きのこ派?たけのこ派?・・・なにぃ!たけのこ派だとーっ!!」
から始まるこの対立。みなさん心に決めた派閥に所属してるんですね。
私は「チョコだけでいい」なので、より怒られそうな感じがします。

正体隠匿だけど話術で戦わないので、ギスギスしなくていいな~と思って購入しました。
どうしても嘘が苦手な人も、このゲームだったらやってくれるかも。

情報を公開してはいけないので、自分だけで情報収集し推理しなくてはいけない、しかも情報収集と攻撃を同じカードで行なうので、しっかり考えてカードを使わないと大変なことになりそう。
どんなゲーム展開になるか楽しみです。


今後のゲーム会に持っていきますので、よかったら一緒に遊んでください。

2 Comments


    • icestag
      Replay Cancel Replay
    • 1月 13, 2015

    カツカレー・・・は、別の意味で面白いゲームです。プレイしたときに、10万のきつねうどんや、サラリマン年収3万円とかwが、成立したときは、笑いました♪

    • まさ
      • まさ
        Replay Cancel Replay
      • 1月 15, 2015

      icestagさん
      『カツカレー・・・』面白かったです。
      プレイしたら、サラリーマンの年収が400円になってしまい、「なんてひどい政治家だ!!」と大盛り上がりでした(笑)。

Leave a Reply

Your email address will not be published

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>